おしらせ

当院では現在、理学療法士(中途採用)を募集しています。
お気軽にお問い合わせください

ご挨拶

ご高齢の方でふらつき等から転倒し骨折、手術、そして不幸にして寝たきりへと進んでしまわれることがあります。そして介護する方の負担も増えてきています。ロコモティブシンドローム、フレイル、運動器不安定性など多方面から問題提起されており、重大な社会問題となっています。そんな問題に少しでも対応できればと思い2018年6月より青木外科があおき整形リハビリクリニックに生まれ変わりました。
スポーツ整形と脊椎外科を中心に整形外科全般の診療を行っています。早期の社会復帰、またはスポーツ復帰、快適な生活をおくるため最大限にアシストをさせていただきます。リハビリ室を備え理学療法士と共に医学的な視点からあなたをサポートします。

【略歴】
2004年 近畿大学医学部卒業
2006年- 永広会 しまだ病院 整形外科・スポーツ整形・脊椎外科
2011年- 福山医療センター 整形外科・脊椎外科
2013年- 福山市民病院 整形外科・脊椎外科
2016年-   岡山赤十字病院 整形外科・脊椎外科


理学療法士 猪原圭一

数多くのスポーツ障害や手術後のリハビリテーションを担当してきました。最大限のパフォ−マンスを引き出せるスポーツ復帰と、ケガをしにくい体つくりを心がけています。


【資格等】
3学会合同呼吸療法認定士/日本赤十字社救急法救急員
Functional R. Pilates Basic instructor

【トレーナー活動】
玉野光南高校サッカー部 メディカルトレーナー

理学療法士 中村美穂

患者様のニーズを常に考えながら診療にあたっています。
痛みに真摯に向きあい、丁寧な診療を心がけています。



【スポーツ歴】
バレーボール

PTアシスタント 水野 翔太

理学療法士とともにスポーツ障害のケアを中心にアシストしています。





【スポーツ歴】
サッカー

診療内容

数多くの脊椎疾患とスポーツ障害を中心に整形外科全般の診療を行ってきました。
その人に合わせた治療法を行っていくことを心がけています。

脊椎診療

数多くの脊椎手術から手術しない保存治療まで行ってきました。診断から治療まで当院で行っていきますが、手術が必要な場合は総合病院へご紹介させていただきます。
また他院(岡山赤十字病院など)で院長  青木大輔が手術を行うことも可能です。

スポーツ障害

大阪で数多くのトップアスリートが通院する島田病院(現在しまだ病院)で数多くの診療にあたっていました。早期復帰を目指す治療や将来を見据えた治療法を個々に合わせて検討しています。

骨粗鬆症

高齢化社会の現代ではくりかえす骨折(骨折の連鎖)が非常に大きな社会問題となっています。骨密度検査や骨代謝マーカー測定、X線検査での骨折の状況を見極めその方に最良と思われる骨粗鬆症治療を行っています。

内科外科

青木外科として青木邦武医師が地域の胃腸肛門科として検査から手術まで幅広く診療を行ってきました。上部内視鏡検査(胃カメラ)や腹部エコー検査、CT検査など多方向から診断を行う体制を整えています。また検診事業や予防接種なども行っています。


医療設備

整形外科

X線検査、CT検査があります

  • X線検査、CT検査
  • 手術室
  • 骨密度検査、骨折超音波治療器
  • 超音波診断装置
  • X線透視装置(骨折整復や神経根ブロックなど)

リハビリテーション室

理学療法士が個別に対応しています。また病状に合わせて効果的と思われる場合は自主的なトレーニングも合わせて行っていただけます。

  • 動的ストレッチマシン
  • レッドコードセラピー
  • ウォーターベッド
  • ファンクショナルトレーニングなど

胃腸肛門内科外科

内科的な治療全般を行っています。また企業検診や市の検診、予防接種など幅広く対応しています。

  • 血液検査
  • 点滴室
  • 上部消化管内視鏡(胃カメラ)
  • CT検査
  • X線検査

X線検査、CT検査

当院はX線検査のほかCT検査もあり、より立体的な画像の評価を行うことができます。

超音波診断装置(エコー)

レントゲンでは映らない筋肉や靭帯、肩腱板などの評価を行うことができます。また患部動かしながら中の腱などの評価も行うことができます。最近ではエコー画像を見ながらピンポイントにより安全にブロック治療等も行うことができるようになっています。筋膜リリース、ハイドロリリースといった注射治療も症例により行っています。

骨折超音波機器、超音波治療器と電気治療

当院ではスポーツ選手も多く使用している超音波治療器と干渉波やマイクロカレントモードなどを搭載した電気治療器を導入しています。疾患、病態により鎮痛効果や治癒促進効果が期待できます。またオステオトロン(LIPUS)という骨折治癒期間を約40%ほど短縮させる可能性のある超音波骨折治療器も導入しています。症例により保険適応となっています。

神経ブロック治療

腰部脊柱管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニアなどの治療の一つにブロック注射があります。腰椎硬膜外ブロックや仙骨ブロック、神経根ブロックなど、さまざまなブロック注射を行っています。また状況によりエコー検査やX線透視検査などを併用しより安全な注射を行うことを心がけています。

理学療法

局所の痛みでも全身の状態を見て治療に当たる必要があります。当院の理学療法では局所の治療だけでなく、全身のバランスの調整を行いつつ治療を行っています。またスポーツ障害などのように今後のケガの防止のため、動きのチェックや指導も行っています。リハビリ室では体の動きをチェックできるよう十分なスペースを確保してしています。

レッドコードセラピー

ノルウェーで開発されたレッドコートセラピーはヨーロッパを中心に広く活用されています。筋肉の緊張を和らげるリラクゼーションからストレッチからはじまり、現在では筋力増強トレーニング、神経筋肉の活性化まで幅広く応用され始めています。

動的ストレッチ(ホグレル)

現在プロスポーツ選手から世間に広まりつつある動的ストレッチのマシン。
当院ではホグレルを導入しています
このマシンは。従来の筋力トレーニングのマシンとは全く違うものとなります。
負荷は少なく筋肉を痛みのない範囲でユラユラと
弛緩(ゆるめる)➜伸張(のばす)➜収縮
以上の動作を効率よく繰り返すことで血行が良くなり、関節可動域は広がってきます。また従来の静的なストレッチよりもケガをしにくい体づくりにつながると考えられています。実際に即時的なストレッチ効果を実感出ることが多く、シニアからアスリートの方まで幅広く使用することができます。

ファンクショナルトレーナー

シニアの方にもパワーは必要です。アメリカでの研究では太ももの筋力を調査すると70歳代では筋肉自体は25%細くなり、筋力は35%低下することがわかっています。しかしパワーは60%も低下することがわかっています。
パワーとは何か?パワーとは単なる力(force)だけではなく筋肉の収縮スピード(velocity)も影響しています。それらを数値で計測可能なファンクショナルトレーナーは効率よくリハビリ、トレーニングが可能となります。空気圧で微細な調整が可能で必要に応じて医師、理学療法士のもとリハビリの一つとして取り入れています。
アスリートだけではなく高齢者にも安全に使える機器です。


アクセス


〒701-0144
岡山県岡山市北区久米250−4 医療法人 青元会  
青木整形リハビリクリニック/青木外科医院
TEL 086−243−8282